中国の億万長者が支払います $614,000 新年の魚のオークション太平洋クロマグロのため


中国の億万長者, 清木村, 費やしてきました 72 百万円か $614,000 計量太平洋クロマグロのために 212 キログラムまたは 467 東京の築地市場で行われた新年の魚オークション上のポンド, ロイターが報告します.

木村は、人気Sushizanmaiレストランチェーンを所有し、行で六年目のために魚のオークションを獲得するKiyomura社の社長であります. 彼が支払いました 14 で競売にかけ魚のための百万円 2016 そして 155 勝利魚のオークションで100万円 2013.

中国の億万長者が支払います $614,000 太平洋クロマグロのため



木村が買ったマグロは、北日本の沿岸を突かれました.

東京の築地市場は、世界で最大の魚市場であります, 政府が近づいて東京を容易にするために、それを介して道路を作るために計画しているので、他の場所に再配置することができます 2020 五輪.

提案された新しいサイト上の環境問題は、80歳の市場の再配置の遅延を引き起こしてきました, そして、遅延があるため、差し迫った移転の続行する方法がわからない、いくつかの魚のディーラーへの心配を作成しています.



市場は最初に再配置することが提案されました 15 数年前, これは現時点で行う必要がまだあります. 政府はガスプラントは前にそこに使用されるため、提案された新しいサイトは、毒性と環境汚染を誘発することができることを心配しています.

その間, 魚市場でキャッチされ、競売にかけ太平洋クロマグロは乱獲の懸念に直面していると保全の支持者は、魚はその個体数が回復できるように、数年前から釣りから免れることを求めています.

“This tuna is being fished at rates up to three times higher than scientists say is sustainable,” said Amanda Nickson, ピュー慈善財団のグローバルマグロ保全のディレクター. クロマグロは、アジアと世界の多くの他の部分の寿司の王とみなされています.


返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *