どのように起業家精神は、個人と社会全体のメリット


人々は常に起業家が社会において果たす正確な役割について混乱している - あるいはむしろ企業が起業家によって設立影響は、個人や社会一般に持っています.

ない点は、それが任意の立派な値を提供していない場合は偉大なスキルを展開し、任意のビジネスに多くの時間とお金を投資はありません, これらの値は、ビジネスの円内の個人に帰することができます, 事業構造の外側, 社会の中で、未知の人.

任意の起業家の構造の形成の背後にある目標と目的が常にあります, これらのビジョンの成果は、事業者の継続的な存在を正当化します. アウトサイダーは、必ずしも、または容易に任意の事業構造の目的を理解していない可能性が, しかし限り、それは、組織内での作業者のニーズを満たしています, その後事業は、法的、経済的価値を持っています.



起業のメリット

一部の批評家は、すべての起業家、企業の背後にある究極の目的は利己的であると信じて - それはあります, あまりにもお金とそれをたくさん作るために. しかし、これは常に真ではありません. プライベートとパブリックの企業が起業家の基本的なニーズを満たします, 就業スタッフ, ビジネス国民, 社会や政府も. その後, プライベートとパブリックの企業が国家を開発します.

私たちはそれを消化するためにこれらを打破してみましょう. 起業家精神は、次の方法で人々と国家の利益 -



  • それは、人間の基本的ニーズを満たします: 企業は、知覚と現実の人間のニーズを満たすために存在します. 起業家は、人間のニーズのギャップを特定し、これらのニーズを提供するために、ビジネスソリューションを作成します. ビジネスの所有者は、人々が必要とするものについての研究を行い、その後、他の人の間で、サービスや商品の形で来て、これらのニーズを満たすために事業構造を設定します.
  • これは、毎日のジョブを作成します: 仕事とまともな生活費を稼ぐたくない人はあります? 単独で政府は、任意の状態やコミュニティの全員を採用することはできません, そして起業家はビジネスの機会を創出し、住みやすい収入を稼ぐために人々を可能にすることによって、残りを採用します.
  • それは、人々の経済たくさんbetters: 起業家は、人々が自分の夢を実現し、セットの目標を達成するのに役立つ事業を確立します. だから、事業構造は、金融創設者のニーズとその中で働く人々のものを満たすために存在します, 家族や扶養家族の運命をより良くするためにスタッフを支援.
  • それは国家の幸福に貢献します: 人が作業する場合, 彼らは政府に税金を返済します, 政府は基本的な設備と、人々が必要とする他のインフラサービスを提供するためにこれらを使用しています. 国民の税金と, 政府が学校を提供することができます, 病院, 電気のパワー, 飲料水, 良い道路, 農村電話, インターネットサービス, 市場, および他の経済機関が国家を上昇させます.
  • 個人的な成長と発展を促進: 自分のスキルをより良くするために起業家のタスクの人々によって設立事業, 高等教育を取得, 悟りを開いた取得, そして、個人の成長と発展を促進. 起業家は、人々が自分自身を獲得することでペースを設定し、その経済的将来にさらに到達します.
  • 健全な競争を促進します: 起業家は、より多くの起業家を飼育し、多くの企業をスピン. 彼らは、ビジネスマン-となり、成功したビジネスを確立するにそれらを導くためにメンターとしての役割を果たす. 彼らは、人々がより良いコミュニケーションスキルを熱望するのに役立ちます, 自己決意, 増加した創造性, 新たなビジネス機会の創出.

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *